家族にバレる原因第1位!「利用明細書」の送付を今すぐ止める方法とは?

プロミスを利用明細書無しで利用する方法

プロミスでは、借入や返済をしたときに本人の住所へ郵送される「利用明細書」によって、借入してることが家族にバレてしまいます。ここでは、プロミスから利用明細書が送られないようにする方法を説明いたします!

 


お金を「バレずに借りる」なら、プロミスのWEB利用をお勧めします。「WEB明細サービス」の指定をお忘れなく!
プロミス 468*60

 

プロミスの利用明細とは?

プロミスに限らず金融機関では、借入れや返済をした場合、「利用明細書」が本人の住所へ郵送されます。それは法律で決められてることであり、受取りを拒否することもできません。

 

いつ送られてくる?

プロミスから明細書が送られてくるのは、以下の時です。

  • WEB借入れをしたとき
  • WEB返済をしたとき
  • 口座振替(振込キャッシング)を利用してるとき
  • 提携ATMでの利用時※

なぜ自宅へ明細書が郵送されるかというと、ネットや口座振替にて借入れや返済をした場合、その場では明細書の発行ができないため、後日郵送する必要があるからです。

基本的に、プロミスで借入れや返済をしたときには、利用明細書が必ず送られてくることとなります。

(※プロミス専用ATMだと明細書がその場で発行されるため郵送は無しです)

(※三井住友銀行ATM・セブン銀行ATM・イオン銀行ATMは明細書発行され郵送は無しです)

利用明細書の内訳は?

プロミスで借入れを利用する場合は、以下の項目が内訳となっています。

  1. 取引種別(融資・返済など)
  2. 金額(利用金額)
  3. 今回手数料
  4. 手数料累計
  5. 借入後残高
  6. 借入れ利率
  7. 遅延利率(遅延損害金に適応される利率)
  8. 次回返済金額(次回の最低返済額)
  9. 次回返済期日
  10. 最終返済期日(返済が終了する日)
  11. 返済回数(終了までにかかる返済回数)
  12. 返済方式(残高スライド元利定額返)
  13. 総返済予定額(総支払金額)
  14. ご利用可能額(現在の契約で借入可能な限度額)

 

「WEB完結」なら利用明細書は送られてこない?

申込から借入れ・返済までをすべてWEB上でできる「WEB完結」サービスの場合、基本的にWEBを使うことが中心となるので、利用明細書が郵送される事になりますが、そうでない場合もあります。

明細書が郵送されない場合

  • 借入れや返済はカードにてプロミス専用ATMで行う。
  • 利用明細書を郵送しないよう予め設定してある(以下で説明いたします)

 

プロミスの利用明細書の郵送を無しにする方法とは?

プロミスを利用明細書の送付なしで利用する方法と、郵送を止める方法を説明いたします!

 

■プロミスATMを利用する

メリット

利用明細の郵送がないことはもちろん、契約時にカードを直接受け取れるので、自宅へカードが送られてることも避けることができます。

「知らないと家族バレ確定!郵送物無しで借りる4つの方法とは?」の記事へ

 

■「WEB明細サービス」を利用する

プロミスから送られてくる利用明細書を一番確実な方法はこれです!

スマホやケータイからもすぐできる設定方法

  • 申込時:プロミス公式HPにて「明細を電子交付サービスに変更する」という項目にチェックを入れる。
  • 契約後:会員ページにログインし「WEB明細サービス」へ切り替える。

これからプロミスへ申込む方は特に「WEB明細サービス」の利用をお勧めします!

メリット

  • 家族にバレない
  • 管理をしやすい

また大きなメリットとしては「30日間無料利息サービス」が受けられる点です!

 

まとめ

  • プロミスを利用する場合の利用明細書の送付は義務付けられている。
  • WEB利用の場合は明細書が郵送されてくる。
  • 「WEB明細サービス」を利用すれば明細書の郵送を全て止めることができる。

お役に立てましたでしょうか?今後もお金を借りることに関する記事を順次アップしていきます!

 


プロミスならWEB明細の利用&メアド登録で「30日間無料利息サービス」が受けられます!

プロミス 468*60

タイトルとURLをコピーしました