いつもギリギリな自営業者の私がプロミスの審査に通る理由

「銀行だと手続きや審査面倒~プロミスは?」「仕入れ代30万なる早で調達したい!」「うわっ今月ギリギリ~今すぐ10万円借りたい!」

マッキー
マッキー

ここでは、私のような綱渡り経営の自営業者でもプロミスの審査に通る理由と、数あるカードローンの中でもプロミスを選択することがベストである理由を、銀行その他のカードローンと比較して分かりやすく説明します。また希望借入額と用途にあった2つの借入プランも案内しますね。大丈夫、借りれますから!

プロミス
最短1時間

●低金利は業界一
●無利息期間は借入翌日から
●審査最短30分
●コンビニでカードレス利用可
トータル的に優れたプロミスなら間違いなくオススメ

金利4.5%~17.8%
借入限度額1万~500万円
審査時間最短30分
運営SMBCグループ

自営業者って、一部を除いていつも綱渡り的な経営が殆どと聞きます。私もその一人です。

銀行から借入する場合、申請から借入まで審査時間がかかったり、希望額まで借りれなかったりしますよね?それによって支払いが遅れてしまうことがあり困っていました。

そこで、私は消費者金融を使うようになったのですが、いつもギリギリ経営の私でも、消費者金融のカードローンだと拍子抜けする程あっさりとしかも即日借りれてしまうことに、最初は正直ビックリでした。

私はプロミス以外にも、アコム・SMBCモビット・レイクALSAからも借入があり、さらに先月はジャパンネット銀行からも20万円を借りたところです。それなのにプロミスからは「増額の案内」がきていますが、どんだけ貸付する気なんだろ?とこっちが心配になってしまいます。

プロミスで借りるための条件としては、「一定の収入がある方」となっていますが、私のような小さな店の経営者は儲かるときもあればまるっきり赤字の月もあり、一定の収入があるとは到底思えません。

きっとプロミスでは「その人ならいくら貸せるのか?」を、数字だけでなくトータル的に審査しているのだと思います。

それでは、いろいろなところから借りている自営業者の私だからこそ知る、プロミスは教えてくれない審査の事や、プロミスが他より優れている点また注意点などを書いていきますね!

【自営業者】プロミスの審査内容は?

自営業者の方でも、プロミスの審査に通る人と通らない人がいます。

まず、プロミスはどのようなことを審査するのかを見ていきましょう。

プロミスの審査基準

プロミスの審査には、主に以下の3つの基準項目があります。

  • 信用情報
  • 個人情報
  • 返済実績
それぞれの項目は加点式により審査されます。点数が足りない項目があったり、総合点が低い場合は、審査に通ることはできません。

信用情報

プロミスでの借入は、信用情報機関であるJICC(株式会社日本信用情報機構)とCIC(株式会社シーアイシー)の情報をもとに、その方の借入限度額が決められます。

他社からの借入額や件数また返済状況はここで管理されています。申告に相違があったり滞納をしていたりすると審査に時間がかかったり、虚偽が認められると審査には通りません。
情報開示は各社共WEBか郵送で請求できますよ(手数料1000円程)

個人情報

審査の基準となる個人情報の項目は以下となります。

  • 個人に関すること(年収や年齢その他)
  • 自宅のこと(賃貸か持ち家か・家賃や居住年数・同居構成その他)
  • 仕事のこと(勤務先・仕事内容・自営業・パートアルバイトなど)
  • 保険のこと(協会保険・共済保険・国民健康保険など)
申告内容に虚偽が発覚すると、審査に通ることはできません。

プロミスでの返済実績

プロミスに限らず、カードローン会社ではその方のこれまでの返済履歴を重要視しています。
  • 初回利用から6ヶ月以上経過しているか
  • 滞納をしていないか

プロミスの利用が初めてであれば、返済実績は問われません。

既にプロミスを利用していて、過去5年以内に繰返しの滞納履歴があると審査には通りません。

自営業者がプロミスの審査に通る3つのコツ

私が思うに、プロミスの審査に通るために必要なことは、とてもシンプルな事です。

  • なるべく少額を借りる
  • 正直・正確に申告する
  • オペレーターにアピール

他の借入先で滞納を繰返してたり、債務整理をしてたりといったことがなければ、よほどのことがなければ審査には通ります。

なるべく少額を借りる

プロミスも含めた消費者金融のフリーローンでは、借入できる額は総量規制が適用され(自営者カードローンは適用なし※後述します)年収の3分の1までとなっています。

しかし、希望借入額を年収の3分の1にして申込んでも、設定される借入可能額はそれよりずっと低かったり、審査に通らないといったケースも実際よくあることです。

その理由として、特に初回の場合はプロミスとの信頼関係が未だ構築されてないことが挙げられます。

実際に、少額を借りて滞納せずに返済していると、プロミスから増額の案内が届くことになり、借入可能額を増やすことができるようになります。

増額の案内は、初回借入れから半年経たないと来ないというネット情報もありますが、私の場合は3か月程で増額の案内が来ました。

なるべく多く借りようとせず希望借入額は必要な分だけにし、最初は少額(できれば10万円以下)で申込み、滞納せずに返済することを繰返し、それから借入限度額を増額するといった流れが、プロミスに限らず消費者金融を上手に利用していく最大のコツと言えます。

正直・正確に申告する

自営業者の場合、他からの借入があったり年収が低かったりしても、申込時の記入欄には正直に入力するべきです。

なぜなら、サラリーマンと違い自営業者は事業の業績に波があり、必ずしも年収の額だけで審査されるとは限らないからです。他からの借入やプロミスからの借入を利用して、事業を回していけるならば堂々としてていいのです。

実際に私も、他から100万以上の借入があったにもかかわらず、プロミスからは50万円の枠をもらうことができました。

また、名前や住所・電話番号その他に誤字脱字があったりすると、それだけで審査が長引いたりします。そんな些細な事が審査を左右することもありますので注意が必要です。

電話にてオペレーターにアピールする

例えば、あなたが誰かにお金を貸すとしたら、電話応対がとてもいい加減だったりあやふやだったとしたら不安に思いますよね?

カードローン会社の仮審査は、あくまで機械による自動採点システムによるものであり、最終的な審査はオペレーターの判断となっています。

オペレーターが確認する項目の中でも「利用目的」においては、とくに事業資金と言わなくとも冠婚葬祭や修理費あたりが妥当です(自営者ローンは別※後述)。生活費や株などの投資とするのはNGです。

借入金額に見合った理由と、いつまでの返済が可能かをハッキリ伝えることで、オペレーターに良い印象を持ってもらうことができますよ。

マッキー
マッキー

自営業者のあなたが、借入する理由や返済のめど等をしっかりと誠実にオペレーターに伝える事って、意外と知られてないけれど、審査に影響するとても大切な要素だと私は感じています。

 

自営業者の資金調達にプロミスが適している理由

数あるカードローンの中でも、自営業の私がプロミスをメインで利用しているのには理由があります。

  • 借入額に合わせた2つのプランがある
  • 借入条件がよく審査が早い
  • 無利息サービスの条件が良い
  • カードレス利用が可能

 

 

借入額による2つのプラン

プロミスでの借入には以下の2つのプランがあります。

  • 個人向けカードローン
  • 自営者カードローン

銀行カードローンで事業資金としての借入はできませんが、消費者金融のプロミスだと、個人向け・自営者向けのいずれのプランも、事業資金か否かは問われず使途は自由です。

 個人向け自営者向け
総量規制有り無し
借入限度額500万円300万円
必要書類身分証
(50万円以上は
収入証明書)
身分証
収入証明書
事業証明書類
年金利4.5%~17.8%6.3%~17.8%
年齢制限20~69歳20~65歳
使途生計費(生活・レジャー・教育資金等)自由

 

マッキー
マッキー

プロミスにも聞いてみましたが、個人向けと事営者向の違いは、ぶっちゃけ総量規制があるかないかという点ぐらいで、その他の基本的な利用方法サービスに大きな違いはありません。自営者向けは書類の準備や審査に時間がかかるので、私は個人向け(通常の)プランを事業資金で利用してますよ。

 

 

プロミスとその他カードローンの条件比較

カードローンプロミス銀行ろうきん
金利4.5%~17.8%1.8%~17.5%3.8%~8.5%
(会員形態により)
借入(限度額)1000円単位
500万円まで
1万円単位
1000万円まで
10万円単位
500万円まで
総量規制対象無し無し
審査普通厳しいとても厳しい
収入証明書不要
(借入50万以上は必要)
必要必要
保証会社不要必要必要
借入までの時間即日可翌日~数日2~3週間
無利息サービス有り
(メアド登録・WEB明細利用にて)
無し無し

自営業者が50万円までを借りるなら、即日融資可能で保証人も収入証明書も不要、そして無利息サービス(メアド登録・WEB明細利用にて)もあるプロミスが有利です。

無利息サービス比較

代表的な大手フィナンシャルグループのカードローンで「無利息サービス」があるのはこの3つです。

金融機関金利年率無利息期間開始日条件
プロミス4.5~17.8%借入翌日・メールアドレス登録
・「WEB明細」の利用
アコム3.0~18.0%契約翌日・返済日を「35日ごと」に設定
レイクALSA4.5~18.0%契約翌日・30日間(契約額500万円) 180日間(契約額200万円)
・初めてなら初回契約翌日から特典適用
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間、60日間、180日間特典と併用不可
・Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間特典
・Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間特典を選択できる

プロミスの無利息サービスが他と大きく違う点は、無利息期間が始まるタイミングが「借入翌日から」であることです。業界内でもプロミスだけです。

プロミスであれば、事前に契約だけしておいて、いざという時に備えておくことができるということです。

カードレス利用ができる

これまでは、ローン会社と契約をし発行したカードを使ってATMでお金を借りるという流れでした。

しかしプロミスは、スマホアプリを利用してコンビニATMで24時間いつでもカードレスキャッシングができるようになりました(現在セブンイレブンのみ)。

プロミスアプリでセブン銀行ATMから借りるやり方

プロミスアプリ・セブン銀行ATM簡単なやり方

 

プロミス
最短1時間

●低金利は業界一
●無利息期間は借入翌日から
●審査最短30分
●コンビニでカードレス利用可
トータル的に優れたプロミスなら間違いなくオススメ

金利4.5%~17.8%
借入限度額1万~500万円
審査時間最短30分
運営SMBCグループ

タイトルとURLをコピーしました