知らないと家族バレ確定!郵送物無しで借りる4つの方法とは?

プロミスから郵送物無しでお金を借りる

プロミスの郵送物は家族にバレる大きな原因です。郵便物で家族にバレないようにするための方法を、初めての方でもわかりやすいように説明します。

 

 


プロミスなら簡単な設定で自宅に郵便物が届かないようにすることができます!プロミス 468*60

プロミスから届く郵送物とは?

契約後に実際にプロミスから契約者へ送られてくる郵送物はこれです。↓

内容は、プロミスカード・契約内容確認書・会員規約等で、23.5cmx12cm(A4三つ折りサイズ)の封筒に入ったものが「簡易書留」で届きます。

発送元は「事務センター」となっていますが発送元住所は記載されており、なんか見るからに怪しいし、住所検索するとすぐプロミスと出てきます。これだと家族にすぐバレてしまいますね!

 

プロミスカードを受け取れる場所は?

プロミスカードを受け取れる場合は3つあります。

  1. 自宅・・・・・・・・郵送希望の場合※
  2. 無人契約機・・出向く場合
  3. 来店・・・・・・・・出向く場合

※免許証等など身分証明書に記載の住所のみとなっています。ご家族が同居だとバレやすいです。

 

プロミスからの郵送物を全く無しにする方法は?

プロミスからの郵送物を自宅に来ないようにするには、

「カードを使わないプランを選ぶ」

もしくは

「プロミスカードを自宅以外で受け取る」

これだけのことです。

でもちょっとしたミスで郵送物が届くことになるので、注意が必要です。

「WEB完結」で申込する

申込から借入れ・返済までの全てを、カードを使わずに利用できるサービスです。借入れ金は銀行口座へ振込まれます。

申込:スマホ・ケータイやパソコンから。契約手続き方法を「WEB」と選択する。

審査:希望の方法(メールor電話)で、契約可能額の案内が来ます。

契約:返済方法が口座振替での契約となります。「カード不要」を選択する。

※契約時に、「ご返済方法の選択」のところを必ず《口座振替による返済》《カード郵送希望無し》と選択すること!《ATMによる返済》を選んでしまうと、自宅にカードが契約確認書とともに郵送されてきますので、家族にバレます!

 

「本人名義の銀行口座」が必要となります。振込名義はプロミスorパルセンターから選択できます。ジャパンネットバンク等であれば通帳もないのでバレることもないのでおすすめです。

WEBのみでの利用で、一切誰とも会いたくない方にオススメ!

 

WEB申込→無人契約機or来店で契約

今すぐスマホなどから申し込みをし、審査後にカードを受取りに行くという方法です。

申込:スマホ・ケータイやパソコンから。契約手続き方法を「来店」と選択する。

審査:希望の方法(メールor電話)で、契約可能額の案内が来ます。

契約:無人契約機や店舗にてカードを受け取る。

申込はWEBで、便利なカードも利用したい方におすすめ!

 

電話申込→無人契約機or来店で契約

電話にて申し込みした後、無人契約機か店舗にて(必要書類持参※)契約しカードを受取る方法です。

申込:プロミスコール(無料)から電話にて申込。

審査:電話にて、契約可能額の案内が来ます。

契約:必要書類を持参し、無人契約機や店舗にて契約しカードを受け取る。

申込の際いろいろ聞きたいことがある方で、便利なカードを利用したい方におすすめ!

 

無人契約機or来店にて申込・契約

無人契約機か店頭窓口にて(必要書類持参※)申込・審査後、契約しカードを受け取る方法です。

申込:必要書類を用意して、無人契約機か店頭にて申込。

審査:確認後、その場で契約可能額の回答が得られる。

契約:契約書とカードを受け取る。

ネット環境に乏しく、分からないことも多い方が、フォローを受けながら間違えなく契約したい方におすすめ!

 

※プロミスの「必要書類」とは?

プロミスの「必要書類」は大きく分けて2つあります

本人確認書類(必ず必要)

「運転免許証」or「パスポート」

もしくは

「健康保険証」+「1点(住民票等)」

収入証明書(借入額50万円以上の場合)

他社の借入額との合計が100万円を超える場合も必要。

下記のいずれか1点となります。

  • 源泉徴収票
  • 給与支払明細書
  • 確定申告書

「職場にバレずに収入証明書を取る」の記事へ

「家族にバレる原因第1位!利用明細書の送付を今すぐ止める方法とは?」の記事へ

→「プロミスから郵送物が届きました!」の記事へ

「まだ甘い!とことんバレずにお金は借りろ!」の記事へ


プロミスなら郵便物でバレないよう簡単に設定できます。金利も一番安いです!
プロミス 468*60

タイトルとURLをコピーしました