絶対に低金利でお金借りたい!おすすめはどこ?

 

低金利でお金借りれるところを金利の安い順にランキング!メリットデメリットとおすすめを案内します。

お金借りるなら、なるべく低い金利で借りたいと思うのは誰もが思うことです。

しかし、

低金利で借りれるところがあるのを知らずに、後で後悔してしまったり、

低金利で借りたおかげで、後で何か問題が起きてしまったりと、

金利にまつわる疑問や不安で、お金を借りる際に悩む方が多いのも事実です。

ここでは、

  • お金を借りれる一般的な場所
  • 金利の比較
  • メリットデメリット
  • 低金利の注意点
  • おすすめ

について、わかりやすく説明しますね。

ここでは、住宅ローンやマイカーローンなどの目的のある借入に関する金利ではなく、「自由に使えるお金を借りる時の金利」について説明いたします。

【大手消費者金融の中で一番低金利なのはプロミスです。↓】

最短1時間

 

金利の安い順に並べてみました!

お金を借りれる主な場所別金利ランキング

借りるところ金利融資までの早さおすすめ度
公的機関の貸付とても低い審査も融資もとても遅い
生命保険の契約者貸付低め普通
銀行カードローン普通普通
消費者金融カードローン高めとても速い
クレジットカードのキャッシングとても高いとても速い
質屋※とても高い
※預けた品物が流れれば金利はチャラ
とても速い
闇金※法外に高い!
※おすすめしません
とても速い✖✖
親※タダの場合もあり
※適度に払うのがベター
早い

 

それぞれの特徴は?

それでは、ランキング中の金融機関をそれぞれ見てみましょう。

 

 

公的機関の貸付制度

公的機関からお金を借りることは、安心感があり金利も安いイメージを持つ方が多いです。

借入に目的と条件が必要な公的機関とは?

身近にある公的機関として「市役所」がありますが、市役所には「低所得世帯」「高齢者世帯」「障がい者世帯」に対して金利ゼロ(連帯保証人無しは1.5%)にて借入できる「生活福祉資金貸付制度」があります。しかしそれは「生活支援」を目的とした、生活を再建するための自立支援に対しての貸付となりますので、一般のフリーローン目的では借りることはできません。

「市役所からお金を借りる」のページへ

また、「共済組合」の場合は「公務員」または「準公務員」のみ利用することができる機関なので、こちらも一般の方が利用することはできません。

「共済組合からお金を借りる」のページへ

フリーローンを利用できる公的機関とは?

実際のところ、「公的機関からお金を借りる」ということは、公的機関から直接お金を借りるのではなく、その公的機関が取り扱っている「カードローンサービスを利用する」ということです。

機関「サービス名」年金利備考
ろうきん「マイプラン」3.875%~8.475%会員形態や非会員により金利が異なります。審査が非常に厳しく、融資までとても時間がかかる。
農協「JAバンクカードローン」3%~10%一般の人でも借入可。審査が厳しくパートアルバイトは不可。融資まで時間がかかる。
郵便局「スルガ銀行カードローン」7%~14.9%返済方法はATMかスルガ銀行口座からの引落のみと、自由度がない。

「ろうきんからお金を借りる」のページへ

「農協からお金を借りる」のページへ

「郵便局からお金を借りる」のページへ

公的機関の金利は?

公的機関の「カードローン」を利用した金利は、年利3%~15

となります。

メリット

  • 金利が比較的安い

デメリット

  • 借りれる人の条件がある
  • 審査が厳しい
  • パート・アルバイトは借入不可
  • 融資まで時間がかかる

こんな人向き

会社組織に属していて、年収も一定していて水準以上にある方。

 

 

 

生命保険の契約者貸付制度

契約者貸付制度とは?

生命保険会社の「契約者貸付制度」とは、生命保険に加入している人が、今払っている生命保険の「解約返戻金」の額に対して一定の割合を限度額としてお金を借りることができる制度のことです。

「生命保険の契約者貸付制度からお金を借りる」のページへ

契約者貸付制度の金利は?

契約している生命保険の予定利率に1~2%をプラスした設定となるのが一般的です。

大手の生命保険会社の契約者貸付の利率は年利3~5%となるのが相場です

メリット

  • 金利が安い

デメリット

  • 積立型の生命保険に加入してる方のみ
  • 返済できなくなると返戻金がもらえなくなる
  • 生命保険の契約が失効するケースも
  • 融資まで7~10日かかる

こんな人向き

返戻金のある積立型生命保険に加入していて、その加入期間が長く、また確実に延滞なく返済できる方。

 

 

 

銀行のカードローン

銀行のカードローンとは?

銀行のカードローンは、銀行が個人向けに「無担保」でお金を融資するサービスです。

いちど契約してしまえば、枠内であれば目的も制限されず自由に借り入れできる、とても便利な融資システムです。

しかし、カードローンは無担保な為、誰でも借りることが容易な自動車ローンなどとは異なり、「個人の信用度」がとても重視されます。

そのため、基本的には気軽に誰でも利用できるローンではありません。

 

「銀行からお金を借りる」のページへ

銀行カードローンの金利は?

よく知られた大手の銀行カードローンの利率は、年利1.8%~17.5%となります。

メリット

  • 消費者金融と比べて3%ほど低金利

デメリット

  • 審査が厳しい
  • 収入証明書が必要
  • 融資は翌日以降

こんな人向き

安定した収入と水準以上の勤続年数(銀行により)があり、給料の振込先などの利用で銀行と付き合いが長く、信用度の高い方。

 

 

 

消費者金融のカードローン

消費者金融とは?

まず「消費者金融」と聞くと「ヤミ金」とかと混同してしまう方が多いので簡単に説明いたします。

金融業者の違い

よく聞く金融機関をざっくりと分けてみました。

  • 消費者金融…大手銀行が母体の、法律に則った貸金専門業者。
  • サラ金…昔使われていた、消費者金融全般の呼び方。
  • 街金…小規模経営の貸金業者。グレーゾーンや違法金利の場合も。
  • 闇金…法外な金利を取るのだけが目的の、完全悪徳業者。
消費者金融の注意点

消費者金融では、パートやアルバイトまた学生や主婦でも、気軽に即日借り入れできてしまうことが、いちばん支持されている点です。

しかし、返済の計画をきちんと立てないまま借りてしまい、「返済不能」となったり、返済のために他からの借入を繰り返す「多重債務」になってしまうケースがあることです。

消費者金融の金利は?

【利用者の多い代表的な消費者金融の金利】

消費者金融金利(実質年率)
プロミス4.5~17.8%
SMBCモビット3.0~18%
アコム3.0~18%
レイクALSA4.5~18%

初めて利用する場合は、たいてい限度額が50万円までとなるケースが多く、上限金利が設定されることになります。プロミスは他より0.2%金利が低く人気です。

メリット

  • 主婦でも学生でも即日融資可
  • 誰にもバレずにWEB利用できる
  • パートやアルバイトでも借りれる

デメリット

  • 銀行より3%ほど金利が高い
  • すぐ借りれてしまうので返済不能に陥ることも

こんな人向き

年収もそれほど高くなく、勤続年数も少ないパートやアルバイトの人や、一刻も早くお金を借りたいという人。

 

 

 

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードでキャッシング(お金を借りる)場合は、クレジットカード会社(銀行・信販会社など)に手数料として「金利」を払う必要があります。

カードキャッシングの金利は?

その金利は、借入する額にもよりますが、一般的に15%~18%となっています。

クレジットカードでのリボ払いに注意!

クレジットカードでのキャッシングは、支払い方法が「1活払い」か「リボ払い」の2択のみとなり、カード利用時に特別な手続きをしないとリボ払いに設定されることが殆どです。

リボ払いとは、簡単に言うと、毎月安く設定された一定額を返済していく方法のことです。

毎月の引落額が一定で家計の管理がしやすく、引落額を低く設定することで、支払いの負担を軽くすることができます。

しかし、高い金利が一定の支払額に含まれており、金利をいくら支払っているかを感じにくく、知らない間に利用額が膨れ上がり、次のカード、また次のカードと、複数のカードで限度額まで使ってしまうケースが非常に多いので注意が必要です!

メリット

  • 毎月の支払額が一定(リボ払いの場合)
  • 毎月の返済額を安く設定できる

デメリット

  • 金利が高い
  • 使い過ぎてしまう
  • 多重債務になりやすい

こんな人向き

少額の借入れを短期で返済予定で、計画的な利用ができる人。

 

 

 

質屋

質屋ってどんなとこ?

質屋とは、貴金属やブランド品・腕時計などを担保に、その価値に見合ったお金を貸してくれるところです。

質として預けた担保は、借りたお金を返せなくなった時に没収されますが、それを「質流れ」と呼んでいます。

最近は、不要になったものを、質流れにすること前提にお金を借りる方も増えていて、ネット利用できる質屋もあり、人気のあるお金の借入方法になってます。

「質屋からお金を借りる」のページへ

質屋の金利には注意が必要です!

質屋の金利は、よくネット業者が「金利9%」と謳っていますが、それは年利ではなく月利となります!それは実質年率に換算するとなんと109.5%になり、消費者金融と比べると実に6倍以上となります。

メリット

  • ブラックでも多重債務者でも質入れ品があればOK
  • 極端な話だと返済の必要もない(質流れになる)
  • 返済できなくとも信用問題にキズが付かない
  • すぐ(30分程)で借入できる

デメリット

  • 質入れ品が必要
  • 年利が109.5%と非常に高い(質を取戻す場合)

こんな人向き

使わなくなったブランド品など質入れ品を持っていて、金融機関の審査に通らない人。

 

 

 

闇金

闇金とは、他から借りれなくなった人へ向け、「ブラックでもOK」「多重債務者でも即日融資」など甘い言葉で契約させ、借入れしたら最後、自由に返済することも妨害され、とんでもない金利を要求してくる悪徳業者です。最近は「ソフト闇金」と呼ばれる、礼儀や身なりも良く優しく対応しながら、身寄りのないお年寄りなどへ近づき、法外な金利をとる業者もいるので要注意です!

 

「闇金からお金を借りる」のページへ

闇金の金利は?

闇金の金利では、「トイチ」「トサン」「トゴ」などと、それぞれ10日で1割~5割といった、途方もない利子が付きます。

金利は複利のところも多く、その場合たとえば10万円をトイチで借りたとすると、年利3300%で、1年で330万円にもなってしまいます!!

ソフト闇金の場合だと、年利40%~50%の場合が多いですが、それでも銀行や消費者金融と比べても2~3倍となっています。

出資法で決められた「年利20%」を超えるところは、闇金と思って間違いないです。

メリット・デメリット

メリットは何一つありません!

こんな人向き

向いてる人はだれ一人いません!

 

 

 

親からお金を借りる時の金利は、借りる目的や金額、また親子関係などにより変わってきます。

親としては、ちゃんと返してくれるなら金利無しで貸してくれるかもしれませんが、借りる側としては、お礼の気持ちを金利として返すことが礼儀だし、その後の親子関係においても有効な手段にもなります。

 

「親からお金を借りる」のページへ

親からお金借りる時の金利は?

とくに決まりはありませんが、借りる額が110万円を超えて無利子だと「贈与」とみなされます。贈与税が課税されるのを避ける意味でも、年利1~3%の利息を設定することをお勧めします。

メリット

  • 安心感
  • 取り立てがない(あるかも?)

デメリット

  • 約束事守らないと信頼関係に問題が起きる
  • 場合によっては贈与税がかかる

こんな人向き

経済的に安定した家庭で、親子関係も問題なく、計画性がありちゃんと返せる見込みがある方。

 

 

 

低金利の落とし穴とは?

低金利でお金を借りる場合、お金を貸す側の観点から見えてくるのは、以下の点です。カードローンを例に説明します。

長期間の支払により支払う利息が大きくなる

カードローン会社の利益となるのは、利用者の支払う「金利」です。その金利を低く設定している会社は、融資期間を長くすることで、なるべく多くの利息を得るのが経営の基本となります。そのため銀行などでは「低金利」で利用者を集め、カードキャッシングの利用(自動的にリボ払い設定となる)を促し、利用者になるべく気付かないよう長期に利息を取っていく経営方法へシフトチェンジているところが多いです。

審査が厳しい

低金利で融資して、十分な利息を回収できないまま、利用者が返済不能になってしまうリスクを避けるため、低金利を設定している業者は、どうしても利用者の審査を厳しくせざるを得ないのが現状です。

 

 

今すぐ借りれて金利が安いところは?

金利が安く即日で借りれる方法と注意点を案内します。

「低金利」で「いますぐ」お金を借りるには?

「急ぎ」が優先であれば、借入が翌日以降となってしまう銀行ではなく、融資専門の大手消費者金融の「即日振込」を利用するのがおススメです。そしてなんといっても「無利息サービス」という、元本のみの返済で金利をタダにできるサービスを利用することです。

それには注意点もありますので説明しますね。

大手消費者金融カードローン「30日間無利息サービス」を利用する

大手銀行が母体となる消費者金融(CM等で知られる)の中で、「30日間無利息サービス」があるのは、以下の3社です。

金融機関金利年率無利息期間開始日条件
プロミス4.5~17.8%借入翌日・メールアドレス登録
・「WEB明細」の利用
アコム3.0~18.0%契約翌日・返済日を「35日ごと」に設定
レイクALSA4.5~18.0%契約翌日・30日間(契約額500万円) 180日間(契約額200万円)
・初めてなら初回契約翌日から特典適用
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間、60日間、180日間特典と併用不可
・Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間特典
・Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間特典を選択できる

「30日間無利息サービス」の落とし穴とは?

【重要】無利息期間の開始日に注意!

30日間の無利息期間がスタートする日は、2パターンあります。

  • 初回借入れの翌日
  • 契約日の翌日

利用者の多くは、「借入れした翌日」から無利息期間が始まると思っている方が殆どです。

しかし、「契約日の翌日」の場合、そうとは知らずに、契約してから借入まで間が空いてしまうと、その日数分だけ無利息期間が減ってしまいます。

【重要】延滞に注意!

無利息期間内に完済すればもちろん利息は発生しません。

しかし、決められた日までに返済できなかった場合、

  • 遅延損害金(年利20%程)の支払
  • 無利息サービスそのものが無効となり初日からの利息を請求される

ということにもなるので、くれぐれも注意が必要です!

 

おすすめのところは?

30日間無利息サービスが「借入れ日翌日」から適応となるのは、唯一「プロミス」だけです。金利も最安値でオススメ。

大手銀行が母体となり利用者もとても多いプロミスは、とても安心できる消費者金融です。今すぐ必要でなくとも、もし急な出費が必要になることに備えて、先にカードだけでも作っておくと安心です。


【申し込みは身分証の写メのみでOK!】

プロミス

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました