少額を審査なしで手っ取り早く借りたい!

「とにかく急ぎで3万!審査なしで早いとこある?」

「車壊れた~今日中にどうしても5万円借りたい!」

少額融資であれば審査がないのでは?と思う方は意外と多いものです。

また、無職他で借りれなかった方数社から借入ある方が、無審査で借りれるところを探すこともよくあります。

マッキー
マッキー

このページでは、審査無しでお金借りたい方へ、あなたの状況に合わせたベストな借り方と、審査あるけど最速で借りれるカードローンを手短に案内します!


急ぐなら速攻審査のこの2つがオススメ。理由は後述します↓

プロミスレイクALSA
100*100
【審査と金利で選ぶなら】
審査の速さなら絶対プロミス。コンビニや利用可能ATMの多さも業界一!無利息サービス(メアド登録WEB明細利用にて)が人気!

【少額融資なら】
少額を気軽に借りるのならレイクALSA。特典サービスが人気で、学生や主婦の利用者も多いです!

少額を審査なしで借りるには

1~5万円といった少額融資を希望する方で、「少額なら審査無しで借りれるのでは?」と思う方は多いです。

でも考えてみれば、お金を貸す側としては、借りる人がちゃんと返してくれるかを調べる「審査」は自然な流れです。

とくに借入額が大きい場合は、その審査も慎重となり時間も長くなります。

しかし少額であれば、貸す方も負担が少なくなるのも事実で、審査のハードルも下がり、とても短い時間でお金を借りることはできます。

審査なしの注意点

借入時の審査が全く無しのところは、「闇金」と呼ばれる法外な利息や悪質な取立てのある悪徳業者のみです。よく街中で見かける「無職もブラックもOK」「多重債務も即日融資可」などといった案内がそれとなります。

審査が早くてすぐのところは

お金借りるとき、借入金額が高ければ高いほど、低金利なとこ(ろうきんや銀行等)ほど、その審査は厳しく時間が長くなります。

ノンバンク(消費者金融)のカードローンなら最速です

10万以内の少額であれば、審査は最短30分ととても早いカードローンがあります。

消費者金融はいろいろありますが、その中でも審査の速さが人気で、しかも無利息サービスがあるところなら、「急ぎで手短に借りたい!」という方にとてもオススメです。

おすすめはこの2つだけです!

プロミス
最短1時間

●低金利は業界一
●無利息期間は借入翌日から
●審査最短30分
●コンビニでカードレス利用可
トータル的に優れたプロミスなら間違いなくオススメ

金利4.5%~17.8%
借入限度額1万~500万円
審査時間最短30分
運営SMBCグループ

レイクALSA

●提携ATM手数料無料
●特典期間サービス
●審査最速15秒
●コンビニでカードレス利用可
少額を特典付きで借りるならレイクALSAがオススメ

金利4.5%~18.0%
借入限度額500万円
審査時間最短15秒
運営新生フィナンシャル

レイクALSAとプロミスがオススメの理由

数あるカードローンの中でこの2つだけオススメする理由は以下です。

5万円までならレイクALSA!長期間特典付きで借りれます。

無利息サービスのあるカードローンはいくつもありますが、その中でレイクALSAは他のどこよりも特典期間の「長さ」を売りにしています。5万円以内であれば180日間の特典※が続くなんてありえないですよね~利用しない手はないです。
(※契約額200万円まで・初めてなら初回契約翌日から特典適用・特典期間経過後は通常金利適用・30日間、60日間、180日間特典と併用不可)

5万円以上ならプロミス!審査最速&低金利NO.1

もし5万円以上を借りたいのであれば絶対プロミスしかありません!なぜなら、30日間の無利息期間以後にかかってくる金利が、プロミス1社だけ他のどこよりも安いからです。また無利息期間の始まるタイミングが「契約翌日」でなく「借入れ翌日」からなのもプロミス1社だけ。申込だけ済ませておいてイザという時に備えるならプロミス!

レイクALSAとプロミスだけが持つ唯一の特権とは?

無利息サービスがあり、以下の最新の方法で利用ができるのはレイクALSAとプロミスのみです!

スマホATMの利用ができる

「スマホATM」とは、カードを使用せずスマホアプリを使ってコンビニで24時間いつでもキャッシングできる新しいサービスです。

  1. アプリにログイン
  2. [スマホATM取引]を選択(カメラが起動)
  3. ATM[スマホ出入金]選択しQRコードをスマホ読取り
  4. スマホ表示の「企業番号」「暗証番号」を入力し現金受取って終了

最速の借り方

レイクALSAもプロミスも、最短で借りるおすすめの方法と流れは同じです。

申込はWEB(スマホがベター)

申込方法は、店舗窓口・自動契約機・電話もありますが、いちばん早いのはWEBを利用することです。スマホからならいつでもどこでも移動しながらも、スマホだけで全てできるのでオススメです。

融資方法は「振込」もしく「コンビニ受取り」で

カードは発行せず(もしくは後日発行)、自分の口座へ振込んでもらうのが一番早い方法です。もし口座が無ければ、先述の「スマホATM」を利用しセブン銀行で現金を受取るのがベストな方法です!

申込のタイムリミットは?

即日融資で「振込」でお金借りるためには、以前までだと銀行の営業時間により、申込は14:30までとなっていました。しかし昨年より銀行の当日扱いの時間が大幅に変更されたため、申込のタイムリミットはカードローン会社の審査可能時間により21時までとなっています。

【「簡易審査」でいくら借りれるか確認できます!】

プロミスレイクALSA
100*100
【審査と金利で選ぶなら】
審査の速さなら絶対プロミス。コンビニや利用可能ATMの多さも業界一!無利息サービス(メアド登録WEB明細利用にて)が人気!

【少額融資なら】
少額を気軽に借りるのならレイクALSA。特典サービスが人気で、学生や主婦の利用者も多いです!

 

「審査無しで借りたい!」・・・無職の方がお金借りるには?

無職といってもいろいろな方がいますが、タイプ別のお金の借り方と無審査の有無をまとめてみました。

無職のニート

ニートの方は、お金を借りる事は難しいと自ら感じていて、「無審査で借りれるところ」を検索する方が多いと聞きます。

無職でニートの方は、基本的に金融機関からお金を借りる事はできません

唯一の方法としては、クレジットカードの「家族カード」に付帯するキャッシング機能を利用することはできます。本人の審査もありません

しかし、「生活に困窮」しているニートの方ならば、お金を借りることも大事かもしれませんが、「生活困窮者自立支援制度」といった公的支援制度を利用することも、選択肢として考えてみることをオススメします。審査はありますが金融機関のそれとは違い、その方の生活や経済状況を調査する審査となります。

生活困窮者自立支援制度では、自立相談支援・就労準備支援・就労訓練・一時生活支援といった、ニートの方が支援員のアドバイスを受けながら、就労できるまでのサポートや、住居を持たない方への宿泊場所や衣類などの提供を受けることができます。

ネットで検索するなら(生活困窮者自立支援制度 地域名)と入力すれば、詳細を見ることができますよ。

学生(バイトなし)

学生生活って、学費以外にも旅行や趣味、またファッションや交遊費など何かとお金が必要ですよね。

そのため、バイトしてない学生は、いちばんお金を借りたがる属性なため、審査無しでお金を借りたいと思うのは自然な事です。

基本的に、学生であるかには関わらず、収入がない方はローンを利用することはできないです。

ニートの方と同じく、家族名義クレジットカードの家族カード(本人は審査無し)を利用してのキャッシングが、無職学生がお金を借りる唯一の方法となります。

学生専用のクレジットカードはありますが、キャッシング枠を付けるとなるとバイトなどの収入が必要となり、審査もあります。

ただし、就職先が決まっている学生なら、「内定者向けローン」を利用する手はあります。

内定者向けローンは、労働金庫(ろうきん)や銀行が、「新卒予定者応援ローン」「就職内定者ローン」といった商品名で取扱ってます。地域によっては内定者向けローンを扱う金融機関がないこともあります。利用するにはどちらも審査があります。

専業主婦

収入のない専業主婦も、どうしてもお金を借りたいといった状況になることは普通なことです。

だけど、専業主婦の場合、パートなどの収入がないとお金を借りるのはとても難しいんです。

配偶者収入があれば貸付可能な銀行カードローンもありますが、大手だと「スルガ銀行カードローン」が私の知る限り唯一の金融機関となります。

配偶者貸付は、あなたではなく旦那さんに対しての審査があり、職場への在籍確認も行われることとなりますので、もし旦那さんに内緒で借りようと思っている方にはオススメできないのが正直なところです…

年金受給者

年金受給者の方の中には、無職であってもお金を借りれると思ってる方は意外と多いです。

しかし、金融機関では年金収入のみの年金受給者への貸し付けは、基本的には行っていません。

また、カードローンの多くは年齢制限があり、シニアの方の審査は厳しいのが現状となってます。

しかし、年金受給者であれば、年金を担保にした「年金担保融資」を受けることは可能です。カードローンのような審査はありません。

年金担保融資は、担保となる年金の種類によって「独立行政法人福祉医療機構」か「日本政策金融公」にて行っています。

ただし、年金担保貸付制度には審査があり、その審査には数週間以上の時間がかかるため、急いでお金を借りたい方には向かないといったデメリットもあります。

失業者

会社に在籍している時からカードローンを利用しているなら問題ありませんが、失業してから無職の状態でお金を借りようと思っても、銀行や消費者金融カードローンの審査には通ることはできません。

そのため失業者の中には、次の仕事が見つかるまでの間に、審査無しでお金借りたいと思う方は多いものです。

そのような失業者の方がお金を借りるなら、金融機関ではなく、厚生労働省の管轄する「生活福祉資金貸付制度」を利用することをお勧めします。

生活福祉資金貸付制度では、総合支援資金・教育支援資金・緊急小口資金・不動産担保型生活資金といった、生活の立て直しや一時的なお金の工面を受けることができます。

受付窓口は市役所の福祉課となり、融資を受けるには市区町村の「社会福祉協議会」の定める審査を受けることとなります。

ただし、生活福祉資金貸付制度ではお金を受取るまで1ヶ月程かかりますので、今すぐお金を借りたい方に対しては、「臨時特例つなぎ資金貸付制度」といった、10万円以内を無利子ですぐ貸してくれる制度もあります。

臨時特例つなぎ資金貸付制度を利用するには、住居のない離職者であることと、公的貸付制度の申請が受理されているといった条件を満たす必要があります。それらを満たしていれば審査は既に済んでいることとなります。

 

その他、生命保険の「払い戻し返戻金」を担保としてお金を借りる事の出来る「生命保険契約者貸付制度」や、ブランド品や価値のある品物を担保にお金を借りる事ができる「質屋」も、審査無しでお金を借りる手段として挙げられます。

他での審査に落ちた方なら

他の金融機関にて審査に通らなかった場合、審査がない、もしくは審査が甘いところを探す方は多いです。

しかし、金融機関によって審査の基準は違ってきますので、他で借りれなくとも別なところからは借りれるケースはよくあることです。

例えば、銀行系カードローンで審査に通らなくとも、消費者金融系カードローンでは問題なく借りれるといったこともよく聞きます。

銀行カードローンは金利を低く設定し、長期の貸付によって利息を回収するスタイルなため、高額を借りてちゃんと返せる人かどうかを、しっかり審査しなければいけません。その審査には警察庁のデータ照合も義務づけられてるので、銀行カードローンは即日融資も不可能です。

一方、消費者金融カードローンは、金利は銀行より3%程高く設定していて、どちらかというと少額を短期で返す方の利用がメインとなります。

そのため、消費者金融カードローンは、「無利息サービス」や様々な特典サービスを付加して、顧客をより多く獲得するためのサービスを展開しています。

もし、銀行カードローンで審査に落ちたというのであれば、消費者金融でなるべく少額の借入を申込することで、お金を借りる事に成功することがあるので、トライすべきです。

 

タイトルとURLをコピーしました