自動車税を滞納し差押えられた体験談

  • 支払期限はいつまで?
  • 延滞税はいつから?
  • 延滞税はいくらかかる?
  • 支払わずに放置するとどうなる?

毎年5月に届く『自動車税』の納付書。時期的に進学や転勤などで出費が重なり、どうしても自動車税の支払は遅くなってしまうことはよくあることです。

ここでは、自動車税をすぐ払えない方へ、なるべく期日を伸ばし、利息が一切かからずに支払する方法を、私の体験談をもとにわかりやすく案内します!

自動車税とは?

自動車税は、その年の4月1日時点で所有している車に課せられる税金の事です。

自動車税の金額は、車種やエンジンの排気量によって変わります。

要注意!自動車税が値上がりするケースとは?

新車登録から一定の期間(ガソリン車13年・ディーゼル車11年)を超えると、自動車税は15%(軽自動車は20%!)も高くなります。古くなった自動車は環境に悪影響になるというのが理由です。
排気量通常税額13年超の税額
1L以下29500円33900円(4400円up)
1L超~1.5L以下34500円39600円(5100円up)
1.5L超~2L以下39500円45400円(5900円up)
2L超~2.5L以下45000円51700円(6700円up)
2.5L超~3L以下51000円58600円(7600円up)
3L超~3.5L以下58000円66700円(8700円up)
3.5L超~4L以下66500円76400円(9900円up)
4L超~4.5L以下76500円87900円(11400円up)
4.5L超~6L以下88000円101200円(13200円up)
6L超111000円127600円(16600円up)
さらに車検のタイミングでかかってくる重量税も、13年以上経過すると税額がアップします!
車両重量通常税額13年超税額18年超税額
軽自動車6600円7600円8800円
~500kg以下8200円10000円12600円
~1000kg以下16400円20000円25200円
~1500kg以下24600円30000円37800円
~2000kg以下32800円40000円50400円
~2500kg以下41400円50000円63000円
~3000kg以下49200円60000円75600円

自動車税の支払期限は?

毎年5月、その車を所有する人へ、その方の住む地域の自動車税事務所から納税通知書(納付書)が郵送されます。
納付期限は5月31日までとなっています。

自動車税の支払方法は?

期限内の5月31日までであれば、各金融機関やコンビニまたクレジットカードでも簡単に支払えます。

しかし納付期限を過ぎると、指定銀行や郵便局または各都道府県の税務課でのみの支払となり、手数料もかかります。

基本的に一括払いが原則となります。

 

延滞するとどうなる?

5月31日の納付期限を過ぎると、以下の流れで支払い督促の連絡が来ます。(都道府県により多少の違いあり)

送付される月種別文面内容
6~7月督促状「速やかに納付して下さい。」
8月催告書「納付がない場合は滞納処分を行う。」
9月催告書「財産調査を実施し、差押処分を行うこととなる。」
10月差押予告書「財産(具体的内容)を調査し、差押えを行う。」
11月財産差押予告「権利及び財産の徹底調査中。判明次第差押に着手。」
1月差押調書謄本「次の通り、滞納金額を徴収するために財産を差押えます。」

 

自動車税の延滞金はいくら?

納税をせず放置すると、以下の延滞利息が発生します。

  • 期日から1ケ月間(6月いっぱい)・・・年利2.6%
  • それ以降(7月から)      ・・・年利8.9%
延滞金は、1000円未満は「切り捨て」となり、1000円を超えた時点で支払い義務が発生します。そのため車種により延滞金の発生する月に違いが生じます。

 

延滞金が発生するのはいつから?

要注意!延滞金は1日違いで0円が1000円にもなります!!

自動車税には延滞金の発生するボーダーラインの日がありますので、以下の例で説明します。

計算例

2リッタークラスの自動車税(自動車税45000円)の場合、9月20日までであれば延滞金はかかりませんが、翌日の9月21日には1000円の延滞金支払い義務が生じます。

【税額x延滞年利x延滞日数÷365日】=延滞金

6月(30日間):34500円x2.6%x30日=96円

7月(31日間):34500円x8.9%x31日=340円

8月(31日間):34500円x8.9%x31日=340円

9月(20日間):34500円x8.9%x20日=219円

9月20日までだと延滞金合計は995円(96+340+340+219)となり、1000円未満のため延滞金は0円となります。しかし翌9月21日以降は延滞金合計が1000円を超えるため、最低でも1000円そして支払い日によりどんどんその延滞金額が加算されていきます。

ぜひご自分の車の自動車税額で計算し確認しておくと良いでしょう。

私に届いた自動車税の督促状

自動車税(ハイエース2.7L 福島県登録)を滞納していた私のもとへ、7月の督促状に続き以下の書類・納付書が届きました。

8月:催告書(延滞金無し)

この時点ではまだ延滞金は加算されていません。コンビニやクレジットカード以外であれば、この納入書にて延滞金無しで支払いができます。

9月:催告書(延滞金発生)

このハイエース(排気量2.7L)の自動車税は51000円で、9月から延滞税の合計が1000円を超えたため追徴金として加算され始めました。車検などに必要な納税証明(納付書切取り控え)はその場ではなく、後日に税事務所か市区町村の税務課でのみの発行となるので注意が必要です。

10月:差押予告書(延滞金発生)

差押に対する文面が、より具体的により厳しくなってきました。

11月:財産差押予告(延滞金発生)

いよいよ差押の準備が進んでいて、逃れられないことを実感する内容です。

1月:差押調書謄本(銀行口座凍結)

私の場合は、銀行口座が差押えられ、口座から自動車税(3台分)が引かれていました。約2ヶ月程その銀行口座を使用することはできませんでした。口座からの引出しはもちろん振込もすることができなくて、とても不便な思いをしました。

 

自動車税はお金借りてでも払ってしまった方が得です

私の場合、最終的に差押えにより銀行口座から自動車税を支払うという形となりましたが、3台分の延滞金も6千円以上かかり、差押えという精神的にも社会的にも汚点が残ったことは、とても残念な思いです。

私がオススメする支払方法

これを見て頂いてる方の中には「自動車税の支払いをなるべく遅らせたい」「延滞金その他利息を少しでも払いたくない」という思いの方もいるかと思います。もしそうであれば、無利息期間サービスのあるカードローンを利用するのが、考えられるベストな方法だと私は思います。
自営業で収入も安定していない私でもすぐ借りれて、本当に手軽に利息無しで利用することができましたので、正直お勧めできます。以下に簡単に案内します。

無利息期間のあるカードローンサービスおすすめ

カードローンはいろいろなものがありますが、安心ができて無利息期間があるのは数社に絞られます。その中で無利息期間を強みとするのはレイクALSAプロミスの2社だけでした。

レイクALSA

●提携ATM手数料無料
●特典期間サービス
●審査最速15秒
●コンビニでカードレス利用可
少額を特典付きで借りるならレイクALSAがオススメ

金利4.5%~18.0%
借入限度額500万円
審査時間最短15秒
運営新生フィナンシャル

プロミス
最短1時間

●低金利は業界一
●無利息期間は借入翌日から
●審査最短30分
●コンビニでカードレス利用可
トータル的に優れたプロミスなら間違いなくオススメ

金利4.5%~17.8%
借入限度額1万~500万円
審査時間最短30分
運営SMBCグループ

レイクALSA・プロミスからの借り方

申込から借入までの流れを以下にまとめました。レイクALSAもプロミスも基本同じとなります。

  1. 公式サイト(レイクALSAプロミス)からWEB申込
  2. 確認連絡が来る
  3. 身分証(免許証など)の写メ送信
  4. 審査結果メールが来る
  5. 契約
  6. 借入(振込もしくはATM)

1~6は1時間前後でした。

借入方法は3つ

  1. どこへも行かず銀行口座へ振込融資で借りる
  2. コンビニ(セブン銀行)でカードレスで借りる
  3. 自動契約機でカード発行しATMで借りる

無利息サービスを利用するときの条件

無利息サービスは「初めての利用時」に限られます。

 

タイトルとURLをコピーしました