【コロナ新時代】即日お金を借りるオススメ方法まとめ

「息が詰まる思い、パァ~っと晴れました!たった1分のスマホ操作で。」

新型コロナで社会が変わりはじめましたね!
それにより、お金を借りることにも影響が出てきていますね・・・いい意味で。

「今日中にどうしてもお金が必要!」「学生だけどお金借りたい!」「専業主婦は借りれる?バレずに…」

日常においても想定外の出費はあるものです。
それが急を要する場合だと、どうしてもどこかからお金を借りる必要が出てきます。
ところが焦るあまり間違った借り方をしてしまい、余分な利息を払ったりといった後悔をしてしまうこともよくあることです。

このサイト【かりーる.jp】では、急なお金を必要とするあなたが借入先に迷わないよう、新型コロナにより変わってきた審査や借入条件と併せて「あなたに合ったところから、できるだけ早く借りる方法」を、わかりやすく案内します。
大丈夫です、すぐ借りれますよ。
マッキー
マッキー

ここでは、主に大手カードローンの選び方や借り方についてを紹介しています。カードローンは私のような常に借金を抱えてる人間でも、拍子抜けするくらい手軽にお金を借りれてしまう金融サービスです。ものによってはコロナで生活苦の方には無利息・無担保で即日貸してくれるところも。
でも、返せる見込みもないまま借り過ぎてしまうといった状況に陥りやすいのも事実。こらからお金を借りる貴方は、決して借り過ぎてしまわないよう十分注意してください。それが私からのいちばんのメッセージです!

急ぎでお金借りるならカードローンがおすすめ!確実です

家やマイカーなど目的のある大きなお金ではなく、使いみち自由なお金を「今すぐ」かりるなら、消費者金融のカードローンが絶対オススメです。
  • 申込は身分証のみ(50万円以上は要収入証明書)
  • 審査は最短30分(簡易審査は数秒)
  • 1時間前後で即日融資(申込20時まで)

人気カードローンおすすめ

「コロナで休業~でも無利息で10万円その日に借りれました」

「時給750円のパートでもすぐ翌日に30万円借りれました」

「5万円スマホで借りれました~なんと半年間無利息で」

カードローンってどれも同じように見えますが、
じつは金利やサービスにそれぞれ違いや特色があり、自分に合ったところを探すのって案外むずかしく、間違えると「損」してしまうこともあります。

もしあなたがカードローン利用初めてなら、テレビCMや大きな看板などでよく見る大手消費者金融カードローンが、安心できて手っ取り早いのでオススメしておきます。

【当サイト人気上位2社】安心おすすめカードローン

お急ぎでお金を借りたい方であれば、「プロミス」「レイクALSA」をお勧めします。それには以下の理由があります!

  • 申込み・審査・融資までがとても速い
  • コンビニでカードレス利用可
  • 利用者の数が圧倒的に多く人気
  • 大手銀行グループの運営で安心
  • 無利息サービスの期間内は金利ゼロ
プロミス

●低金利は業界一
●無利息期間は借入翌日から
●審査最短30分
●コンビニでカードレス利用可
トータル的に優れたプロミスなら間違いなくオススメ

金利4.5%~17.8%
借入限度額1万~500万円
審査時間最短30分
運営SMBCグループ

レイクALSA

●審査最速15秒
●コンビニでカードレス利用可
少額を気軽に借りるならレイクALSAがオススメ

金利4.5%~18.0%
借入限度額500万円
審査時間最短15秒
運営新生フィナンシャル

 

どのようにお金を借りたいか?

お金を借りる時のよくある希望条件をまとめました。

即日で借りたい! ■バレずに借りたい!

低金利で借りたい! ■無利息で借りたい!

スマホで借りたい! ■まとめたい!

 

カードローン・キャッシング【基礎知識】

ここでは、カードローン・キャッシングの利用が初めての方に、お金を借りる方法・流れについて、わかりやすく案内いたします。

お金借りれる人の条件は?

借入の条件

  • 20歳以上
  • 一定額の収入がある(例:10万円借入希望の場合だと月収2万5千円以上)
  • 他社からの借入残高と希望借入額の合計が、年収の3分の1を超えない

以上を満たしていれば大丈夫です。

無職の方や専業主婦の方は消費者金融では原則的に申込することはできません。

さあ申込!まずどうすればいい?

申込方法

  • WEB
  • フリーコール
  • 自動契約機

キャッシング・カードローンの申込方法は以上の3つがあります。

ほとんどの人は「WEB利用」にて、スマホやパソコンから簡単に申込をしています。

審査は通るかな?

キャッシング・カードローンの審査について

申込みが済むと、すぐ「審査」となります。

  • 勤務先
  • 年収
  • 家族構成
  • 過去の借入履歴

などにより審査されます。たいていの場合、特に問題がなければ、最短30分で審査は終了です。

在籍確認について

在籍確認とは、借入する本人が、その職場に実際に属しているかどうかを確かめる目的で行われます。

たいていは個人名にて電話をかけてきますが、本人がその職場にいることがわかれば、それで確認は終了します。

例「もしもし〇〇さんお願いします」「本日休暇です」「わかりました結構です」・・・このようなやりとりです。その方が在籍してることがわかればOK。

もし職場に電話がかかってくるのが嫌な場合は、電話以外での在籍確認をしてもらうこともできます。

 

カードローンの金利ってどう?

実質年率について

通常、初めての方がお金を借りる場合だと、利息は上限金利である年率18%(プロミスは17.8%)が適用されます。

例として、10万円をプロミスから借りた場合の金利は以下となります。

返済回数月々返済額利息返済総額
6回17,543円5,255円105,255円
12回9,158円9,902円109,902円
18回6,371円14,679円114,679円
24回4,983円19,586円119,586円

10万円借りると、ざっくり月900円弱の金利がかかります。

いくらまで借りれるの?

総量規制について

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、貸金業法の1つである「総量規制」により、融資できる金額は、その方の「年収の3分の1未満」と決められています。

たとえば、借入希望額が100万円だとすると、年収は300万円以上であることが必要とされます。

返済はどこで?どうやって?

返済方法

  • 専用ATM(無人機)
  • 提携ATM(コンビニ・銀行など)

以上いずれかにて、毎月指定された日までに、専用カードで入金します。

また「口座振替」を利用すれば、口座に残高さえあれば何もすることはありません。

消費者金融vs.銀行

少額なら消費者金融、大きな借金は銀行で!

消費者金融では、なるべく多くの人に気軽にキャッシング利用してもらえるように、「即日融資」「WEB完結」など様々な消費者目線のサービスがあるのが特徴。金利は銀行より3%程高くなりますが、「30日間無利息サービス」があり人気を呼んでます。

銀行は、利用者との信頼関係を築き上げながら、長期にわたって融資をしていくところなので、審査は厳しく時間がかかり場合により担保の提出が必要となりますが、金利は低めとなるので、教育や車またマイホームなどへの借入に適しています。

こういった違いがあるので、急ぎで50万円程度までの借入であれば消費者金融、それ以上また目的別であれば銀行での借り入れがおすすめといえます。

初めてお金を借りる方へ

初めての方にとって、お金を借りることはどうしてもネガティブで、なんか不安な気持ちになることはとてもよくわかります。

審査ってどうなの?利息って高いのかな?誰かにバレない?・・・だいたい多くの方が口をそろえる意見は同じ様な事です。急を要するお金を手軽に貸出す消費者金融のカードローンでいえば、そういった利用者の声に対して、とても気の利いたサービスで上手に対応しています。現代社会においてお金借りることは至って普通の行為であり、多くの方が利用しています…
初めてお金借りる>>

 

利息無しでお金を借りる方法

普通に考えると、金融機関は貸付による利息が経営の柱となる為、無利息ということはあり得ないと思いますよね?

しかし、一部の大手消費者金融では「無利息サービス」といった一定期間の利息を無料にするサービスで、利用者を呼び入れています。もちろん文字通り、その期間の利息は一切無料となるので、借りたお金を期間内に返せば、利息を全く払わずに利用することができます。無利息サービスはローン会社によって、開始するタイミングや無利息の日数また諸条件などがそれぞれあるので、自分に合ったところを選択することで、有効に活用できる魅力的なサービスです…

無利息でお金借りる>>

 

審査無しでお金を借りる

先に言っておきます、審査無しで借りれると謳っているところからは、決してお金を借りないでください。とても大事なことです。

よく街角などで、「審査なし即日融資」「審査なし無職OK」といった張り紙広告などを見かけた事ありませんか?そういったところは全て「闇金」と呼ばれる、法外な利息を請求してきて悪質な取立てもする悪徳業者です。100%です。単純に考えても、お金貸す側が借りる人の返済能力を調べないこと自体おかしいですよね?正確に言うと闇金側も、その方の資産や財産などを独自に調べ、多重債務でブラックであっても財産は持ってる人をターゲットにし、その財産どころか生命保険の保険金まで情け容赦なく要求してきます…

審査なしでお金借りる>>

 

銀行でお金を借りる

初めてお金を借りる場合、まず思いつくのは銀行かと思います。

銀行では基本的に、借りる方の目的(住宅・マイカーなど)によって其々に合った「目的別ローン」を提供しています。また使途自由の「カードローン」もありますが、消費者金融のカードローンとは、金利や審査の面で違いもあります…

銀行でお金借りる>>

 

ろうきんでお金を借りる

労働金庫「ろうきん」は、労働組合や生協が会員となり運営される、全国にある金融機関です。

ろうきんは本来、組合員に向けた金融サービスではありますが、一般の方の利用も可能で、目的自由のお金をかりる「マイプラン」というカードローンサービスもあります。消費者金融カードローンとの違いや、メリット・デメリットがあります…

ろうきんでお金借りる>>

 

市役所でお金を借りる

とてもお金に困ってるときは、金融業者ではなく、安心感のある公的機関でお金を借りたいと思うのは自然な事です。

市役所(市区町村役場)ではお金に困った方への「支援制度」がありますが、実際には市区町村社会福祉協議会という団体の窓口からお金を借りることとなります。しかし市役所を通しての貸付は、利用できる人とできない人がいます…

市役所でお金借りる>>

 

共済組合でお金を借りる

もしあなたが公務員であれば、優先すべきなのは共済組合の貸付制度の利用となります。

共済組合の貸付は、主に組合員の生活にかかわることをカバーしていて、低金利で借りれるといったメリットがある反面、申込には多くの書類の提出が必要といったデメリットもあります…

共済組合でお金借りる>>

 

郵便局でお金を借りる

全国どこにでもある郵便局は、ある意味いちばん身近にお金を借りれる場所かもしれません。

郵便局でお金を借りる方法は大きく分けると2つあり、その中には多目的のフリーローンや、スルガ銀行の運営するカードローンサービスもあります。郵便局はメリットデメリットを上手に使いわければ、便利な借入の窓口であることは確かです…

郵便局でお金借りる>>

 

農協でお金を借りる

農協(JAバンク)は、農業を営む方のための金融機関となりますが、一般の方でも各種ローンの利用が可能です。

一般の方がJAバンクでお金借りる時の最大の特徴は、金利がとても安いといったメリットがある反面、契約するには准組合員になる形をとらなければいけないデメリットもあります…

農協でお金借りる>>

 

生命保険からお金を借りる

もしあなたが生命保険に加入しているのなら、契約者貸付制度を利用してお金を借りることができます。

ただし、生命保険加入者であっても契約者貸付制度の利用ができる人とできない人がいます。また利用する前に知っておくべき注意点と、メリット・デメリットがあります…

生命保険からお金借りる>>

 

質屋でお金を借りる

質屋とは、品物(担保)を預けてお金を借りる場所で、そのシステムはとても古くからの歴史があります。

近年は、店舗へ行かなくともネットでの査定や引取りをしてくれる業者も増えてます。質屋でお金借りる最大のメリットは、審査は品物に対してだけで借りる人は審査されません。そのためブラックだろうが多重債務者であろうが、身分証と連絡住所さえあればお金を借りることができます

質屋でお金借りる>>

 

親からお金を借りる

お金に困った時に、銀行などよりも先に親の顔が浮かぶ方も多いかもしれませんね。

親だと、利息を請求されることも取立てされることもない、といった安心感もあり、少額であれば貸し借りはさほど大きな問題ではないかもしれません。しかし、額が大きい場合は親と言えども礼儀が必要で、借用書を交わしてちゃんと返さないと親子関係に影響したり、また贈与税が絡んでくる場合もありますので注意が必要です…

親からお金借りる>>

 

コンビニからお金を借りる

今や日本全国どにでもあって、いちばん身近に感じるコンビニでもお金を借りることができます。

契約済のカードローンやクレジットカードを使って、コンビニエンスストアのATMにてお金を借りるということになりますが、最近はスマホアプリを利用して、カードを使わずにコンビニでお金を借りるやり方も出てきました…

コンビニでお金借りる>>

 

スマホでお金を借りる

スマホって、いろんな支払ができるしお財布代わりにもなるし、もしかしてお金借りることも簡単にできるの?と思う方はとても多いです。

スマホでお金を借りるということは、「スマホを使ってローンの申込をする」または「契約済みローン会社のアプリを使ってATMからお金を借入する」という意味となります。しかし、ローン会社やスマホアプリによっては特徴や条件がそれぞれ違ってくるので、その方に合ったローンアプリを選ぶことが必要になってきます…

スマホでお金借りる>>

スマホアプリおすすめ>>

 

闇金からお金を借りる

本当にお金に困窮してるとき、街角で「今すぐ誰にでもお金貸します」といった文字みたら、藁にも縋る思いで連絡してしまうかもしれません。闇金とは、そんな心理状況の人に付け込み、法外な利息をむしり取る悪徳業者です。

最近は「ソフト闇金」といった、従来の闇金ほど金利も極端に高くない業者もいます。礼儀も正しく優しい対応で、身寄りのない年金受給者をターゲットにし、法律を超えた金利を搾取してるケースが後を絶ちません…

闇金でお金借りる>>

 

会社員がお金を借りる

会社という組織に属する会社員・サラリーマンは、実はお金を貸す側にとって、とてもお金を貸しやすい業種のひとつです。

どの金融機関からも問題なく借入できる会社員なら、なるべく金利が低く条件の良いところを選ぶべきです。急を要する借入であっても、審査が早く即日でスムーズにお金を借りることができるのも会社員の特権と言えます・・・

会社員がお金借りる>>

 

派遣社員がお金借りる

同じ会社で同じ業務をしていても、正社員と派遣社員は雇用形態の違いから、金融機関側での評価は同等とは見なしていません。

派遣社員は、どうしても契約期間ごとの雇用となる為、収入その他が「不安定」ということになります。そのため、派遣や契約社員の方がお金を借りるには、ちゃんと貸してくれる金融機関の選択と、借りる時のちょっとしたコツが必要になってきます…

派遣社員がお金借りる>>

専業主婦がお金を借りる

無職で収入の無い「専業主婦」もお金を借りることができます。

しかし、働いてないのにお金を借りたい理由の多くは、「旦那には言いにくいこと」が多いようです。しかし専業主婦というのは、家の掃除から食事の準備その他、夫と家族を守るとても大変で大切な仕事だということを、ちゃんと理解していない夫が多いのも事実。そんな専業主婦の方が、旦那にも家族にも誰にもバレずにお金を借りる方法はちゃんとあるものです…

専業主婦がお金借りる>>

 

働く女性がお金を借りる

金融機関からお金を借りる場合は、「収入がある」ことが重要視され、性別は特に関係はありません。そのため働いている女性は何の問題もなくお金を借りることができます

ただ、お金を借りる理由が人に言えない事情だったり、旦那にだけはバレたくなかったりと、女性ならではの悩みは誰にでもあるものです。そういった女性のために、女性専用の相談窓口を持つ金融機関があります。専用の女性オペレーターが女性の立場から優しく相談に乗ってくれるので人気があります…

働く女性がお金借りる>>

 

学生がお金を借りる

学生でも普通にお金借りれます!じつはお金借りる人のうち学生の割合ってかなり高いんですよ。

金融会社から見た場合、20歳以上であれば学生や社会人といったくくりは全くなく、バイトなど一定の収入があるかないか、それだけによります。しかし収入自体が社会人より低い学生の場合は、お金を借りる時の審査に通るには、ちょっとしたコツが必要になってきます。またお金を借りるとき、多くの学生が「親には知られたくない」と口にします。学費以外の交友費や趣味に使えるお金を、バレずにすぐ借りれるところはちゃんとあります…

学生がお金借りる>>

 

未成年がお金を借りる

未成年であっても、お金を借りる手段はちゃんとあります。

20歳未満でも18歳以上であれば、お金を借入できるクレジットカードや学生ローンがあります。ただし、借りることができる金融機関や利用条件、また借入可能額などに関してはかなり制限があります…

未成年がお金を借りる>>

 

シニアがお金を借りる

シニアの方でも、60代・70代・80代、収入あるなし・年受給のみ、持ち家のあるなし等、それぞれに応じてお金を借りる方法はあります。

シニアといっても昨今は、アクティブに人生を謳歌したいと思う方々がとても多い世代でもあります。シニアの方がお金を借りる場合、金融会社側としてはその方が生涯のうちにちゃんと返してくれるか?が焦点となります。しかし世の中にはそういった需要を満たす金融サービスはちゃんとあるものです…

シニアがお金借りる>>

 

よくある質問集

[ultimate-faqs]

 

キャッシング・カードローン体験談

 

Aさん
友人の結婚式が続き、衣装代やお祝い金のために8万円を消費者金融で借りました。電車の車内広告で見てスマホから早速申込したところ、次の駅に着く前に簡易審査の返信がきたのにはびっくり!すぐその後申込フォームに入力して、免許証を写メしたら、もう家に着くころにはお金が自分の口座へ振り込まれてました。「とても早い」と広告で謳っていましたが、これほどスピーディーでスムースだとは思いませんでした!
Bくん
ぼくは大学生で、パソコンを買いたくてお金を初めて借りました。学生がお金を借りれるか?親にはバレないか?ということがとても心配でしたが、週2日のアルバイトをしていたためか審査も問題なく通り、駅前の無人契約機を利用して、郵送物も全て無しで登録したので、誰にもバレずに借入することができました!
Cさん
私は脱毛サロンに通うお金を消費者金融で借りました。月額払いよりも一括払いのほうがお得で特典も多いというのと、次のボーナスがあるのでプロミスの「30日間無利息」サービスを利用し、支払いも一括で済ませました。その結果、一括払いで浮いた差額金、脱毛サロンの特典、カード払いによるポイント、そして金利無料、といったいいとこ尽くめはもちろん、全身フルコースによるツルッツルの肌も手に入れました!
Dくん
私は8年務めたIT関係の会社を辞め、予てから興味のあったネットビジネスを始めたくて、アフィリエイトの塾に入塾しました。コンピューター関係には強かったためすぐ稼げるのかと思っていたら、なかなかうまくいかず、そうしてるうちにパソコンが壊れたり、親戚や友人の冠婚葬祭が続いたりして、切り崩していた貯金も底をつき、仕方なく消費者金融に借入申し込みをしました。そしたら定職も収入もない私は、申し込みの時点で門前払いとなってしまい、焦った私は、あろうことか、他社に今度は職業を偽って申し込みをしたところ、どうやら信用保証期間にバレてしまったらしく、どこからもお金を借りられなくなってしまいました!トホホ…

 

提携金融機関一覧

 

 

タイトルとURLをコピーしました